「ローキートーン珈琲店」のブログです。
コーヒー豆&カフェ&お菓子&コーヒー器具 のお店です。
世田谷区・小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅から徒歩2分ほど
ブラジルCOE2016国際品評会入賞農園 ピネリーニョ農園(FAZENDA PINHERINHO)

Brazil Cup of Excellence #23A

FAZENDA PINHERINHO

 

ナチュラルコーヒーのみを採り上げるCOE、

Late Harvest Competition。

 

ブラジルの90%以上はナチュラルコーヒーで、

ブラジルでは以前から独自のNatural Competitionを開催していましたが、

完璧にCOEのプロトコルを用いて、

ナチュラルの Cup of Excellence が実施できたことにより、

いまでは多くの生産者が参加しています。 

 

同農園はミナスジェライス州マンテケイラ山脈の中腹に位置します。

農園の周りには自然林に囲まれ、豊富な水源に恵まれます。

今回のロットは同農園でも最も高いエリアで収穫したチェリーを

天日で十分に乾燥させ、

その後木製のトゥーリヤで寝かせられます。

同農園はイパネマ社の厳格な品質コントロールのもとに、生産がおこなわれております。

イパネマ社は数々の名声を生んだ名門農園であることはご周知のとおりです。 

 

 

農園名 Pinherinho (シッチオ ダ セラ) 

農園主 Ipanema Agricola S.A. (イパネマ アグリコラ社) 

地域 Cambuquira Minas Gerais (ミナスジェライス州 カンブキラ) 

農園面積 −ヘクタール コーヒー栽培面積 −ヘクタール 標高 890−1100m 

評点 86.37 pts 

生産処理/品種 Natural / Acaia (Mundo Novo + Bourbon 

カップコメント

Aroma/Flavor: DARK CHOCOLATE, LICORICE, CEDER, BLACK CHERRY,TOFFY 

Acidity: LACTIC, CITRIC 

Other: DENSE, STRONG, FULL BODIED, CREAMY

 

 

*近日中発売予定

 

¥/100g

 

 

 

 

 

おいしいコーヒー豆アルバム / comments(0) / -
キリマンジャロ(オルディアーニ)、エチオピア イルガチェフェ、ブラジル(ダテーラ農園)販売開始しています

先々週から今週にかけて

新しいコーヒー豆が登場してきています。

 

キリマンジャロ(タンザニア)オルディアーニ、

エチオピア イルガチェフェG2、

ブラジル(ダテーラ農園)

 

残りわずか

ブラジル パッセイオ農園(ナチュラル)

 

これからもいろいろ入れ替わる予定です。

(なるべく店頭以外でもご案内できるよう…)

コーヒー豆のこと / comments(0) / -
グアテマラ アンティグア ラホヤ農園(LA JOYA)

 

 

資料準備中

 

 

¥630/100g

おいしいコーヒー豆アルバム / comments(0) / -
ケニア KIRIMAHIGA キリマヒガ

KENYA TOP COFFEE

Kirimahiga

 

生産者 ムランガ農協
精製所 キリマヒガ コーヒーファクトリー
エリア ムランガ地方
品種 SL28、SL34
標高 1500m
プロセス フリーウォッシュド
乾燥方法 アフリカンベット 

キリマヒガファクトリーは、

ムランガ地方の生産者組合の所有するウォッシングステーションの1つで、

1986年に設立されました。

この他に複数のウォッシングステーションを所有しています。 

キリマヒガコーヒーファクトリーは、

標高1600〜1800mの高地にあり、

ハイクオリティなコーヒーの生産に最適とされるマイクロクライメットを有します。

マッキノン式のディスクパルパーで果肉除去されたパーチメントは水洗発酵後、

一般に“ケニア式”と呼ばれるソーキング工程をへて、

あの鮮やかなフレーバーが引き立ちます。 

スパイス感と量感のあるマウスフィールが非常に特徴的で、

甘さ、フルーティーなフレーバーも非常に強く感じる事ができる

まさにトップクオリティのカップです。 


【カッピングコメント】 グレープ、レモン、ジンジャー、ラクティク、

シュガーケイン、スムース、ロングアフテーテイスト 

 

¥650/100g

 

 

おいしいコーヒー豆アルバム / comments(0) / -
HONDURAS COFFEE La Golondrina

HONDURAS COFFEE
La Golondrina

 

農園名 ラ・ゴロンドリナ農園
農園主 マリオ・スアゾ
エリア ビジャ デ サン ファンシット
プロセス フリーウォッシュド
品種 カトゥーラ
標高 1,350m
受賞 ナショナルウィナー
面積 13 ha

 

農園主のマリオは、
農園主という前に農業技師であり、コーヒー愛飲家であると断言します。
また彼が小さいころは御爺さんと一緒に暮らしており、
このお爺さんのコーヒーへの情熱を強く受け、今も大切に守り続けています。
コーヒーへの愛情、コーヒーへの尊敬、自然への感謝・・・。

 

マリオの農園は小さいながらもHand in Hand、
Organic、Fair Tradeといった認証を受けていますが、
人と人が繋がりながら意思を受け継いでほしいという願いがこもっています。

 

今回初めての入賞で、試行錯誤した努力が実った感じがします。
現在農園を初めて10年目ですが、
この環境の中で最高のパフォーマンスが生まれるコーヒー作りをめざし、来年に向けて進んでいきます。

 

華やかなFlavor、Cleancupの
Specialty Coffeeをぜひとも楽しんでください。


<ナショナルウィナーとは?>
「ナショナルウィナー」とは、
カップ・オブ・エクセレンス(COE)の国内予選を通過したものの、
最終国際審査では惜しくもCOEとして選ばれなかった商品を指します。

 

当農園は国内予選を通過した商品で、
カップ・オブ・エクセレンスにはわずかに届かないですが、
十分に素晴らしいスペシャルティコーヒーです。

 

¥690/100g

 

 

 

 

 

おいしいコーヒー豆アルバム / comments(0) / -