「ローキートーン珈琲店」のブログです。
コーヒー豆&カフェ&お菓子&コーヒー器具 のお店です。
世田谷区・小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅から徒歩2分ほど
カップオブエクセレンス エルサルバドル 2015 Cerro Negro (セロ ネグロ農園 国際品評会入賞農園ロット)


エルサルバドル国際品評会入賞ロット カップオブエクセレンスCOE2015エルサルバドル

農園名: Cerro Negro 農園 (セロ ネグロ農園)
農園主: Blanca Marina Peraza de Portillo
エリア: Chalatenango /La Palma  (チャラテナンゴ/ラ・パルマ )
標高: 1,400m
栽培品種: Pacas 100%
プロセス: Honey
順位・スコア: 14位 、スコア87.03
審査員コメント:  Flavor/Aroma: Chocolate, cinnamon, caramel,
green apple, strawberry, pine, honey,
jasmine, spice, smoky, herbal, cedar, tobacco,
herb, tea rose, wine, banana, berry, wine,


【カップ・オブ・エクセレンス】は、
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、
中南米を中心に各国でコンテストが行われています。
国内予選を勝ち抜き、
国際審判員により『最高のコーヒー』として評価された
わずかなコーヒーだけが称号を授与される
『カップ・オブ・エクセレンス - Cup of Excellence』。

カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、雑味がなく、
際立つ高品質のスペシャルティーコーヒーだけが持つ、
特有の風味、口に含んだ量感、
心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。


エル・サルバドルは、北と西をグァテマラ、東にホンジュラスと国境を接しています。
小さな国ですが、多くの火山があり、肥沃な火山灰性の土壌、
高い山々がコーヒー栽培に適しています。

ホセ・アルマンド・ポルティージョ氏は
25年のコーヒー栽培のキャリアを持つ生産者で、
セロ・ネグロ農園は彼の母堂と購入した農園でした。

農園を購入した当初のコーヒー相場大変下落しており、
農園は以前のオーナーによって打ち捨てられていたためかなり荒れ果てた様相を呈していました。
しかしポルティージョ一家の類まれなる献身と努力の結果、
農園は奇跡的に生まれ変わり、見違えるようになりました。

平均樹齢15年ほどになる木々は、
適切なシェイドコントロール、剪定、施肥により素晴らしいコンディションに保たれており、
ついに今般のCOE入賞となりました。
常に翌年のビジョンを持ちながら更なる品質向上にひたむきなホセ氏の取り組みは、
毎年新たな成果となって結実していくことでしょう


¥890/100g

 

6.4新発売しました。

個人的にエルサルバドル好きです。COEも毎年ずっと購入してきました。
今回は当店にしては高価な豆でしたので、少量入荷になっています。

試飲したら、どのローストでも素晴らしいと感じました。
(現時点では想像以上なイメージに深煎りが好みになりましたが、マイルドタイプもすごくいい)
いつも通りいいものをリーズナブルにと考え、みなさんに飲んでもらいたい価格にしました。
(エルサルバドルCOEも最後になるかもしれないし、体験してほしいなと)
お早めに。

今年エルサルバドルではカップオブエクセレンスは行われていません。
(他組織の品評会になるようです)

エルサルバドルのカップオブエクセレンスコーヒー豆を体験できるのも今年までかもしれません。
(今後のことはわたしもまだよく知りません。何かわかったらまたご報告したいと思っています)

山村より
おいしいコーヒー豆アルバム / comments(0) / -
Comment